HyakunengoMuryounotokinoananatachiheImawatashihe: EizojojoushiDotokuryuuriOushuusoumafukkouhenohiganSeisakunote (KouruBooklet) AoharaSatoshi

ISBN:

Published: January 19th 2015

Kindle Edition

36 pages


Description

HyakunengoMuryounotokinoananatachiheImawatashihe: EizojojoushiDotokuryuuriOushuusoumafukkouhenohiganSeisakunote (KouruBooklet)  by  AoharaSatoshi

HyakunengoMuryounotokinoananatachiheImawatashihe: EizojojoushiDotokuryuuriOushuusoumafukkouhenohiganSeisakunote (KouruBooklet) by AoharaSatoshi
January 19th 2015 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, audiobook, mp3, RTF | 36 pages | ISBN: | 10.12 Mb

二百年前、富山から相双地方に入植した真宗移民。懐中に阿弥陀如来像をかかえ裸一貫で福島の地を訪れた人々は、元の土着民との軋轢を起こしながら徐々に土地に溶け込み、相馬の伝統の中を浄土真宗の生き方に根ざした「土徳」を築いてゆく。しかし、寺を建て仏壇を迎え豊かな信仰が受け継がれたその土地を、2011年の震災による津波と放射能が襲う。『土徳焼跡地に生かされて』で広島の浄土真宗の門徒が原爆を乗り越えてゆく過程を描いたドキュメンタリー映像作家の青原さとしが、相双地方に生きる真宗移民と震災の現実を描いた映画『More二百年前、富山から相双地方に入植した真宗移民。懐中に阿弥陀如来像をかかえ裸一貫で福島の地を訪れた人々は、元の土着民との軋轢を起こしながら徐々に土地に溶け込み、相馬の伝統の中を浄土真宗の生き方に根ざした「土徳」を築いてゆく。しかし、寺を建て仏壇を迎え豊かな信仰が受け継がれたその土地を、2011年の震災による津波と放射能が襲う。『土徳~焼跡地に生かされて~』で広島の浄土真宗の門徒が原爆を乗り越えてゆく過程を描いたドキュメンタリー映像作家の青原さとしが、相双地方に生きる真宗移民と震災の現実を描いた映画『土徳流離 奥州相馬復興への悲願』。その製作の過程を豊かな筆致で描くノート。目次一、見えない歴史の記録二、ヒロシマからフクシマへ三、響きあう真宗地帯四、クランクイン!五、相馬野馬追と真宗移民六、文化の軋轢からの脱却七、惣報恩講にみる移民の歴史八、遺物が語る第二の故郷九、見えない恐怖からの流離十、百年後、無量の時のあなたたちへ、いま、私へ十一、補足~あとがきにかえて著者略歴青原さとし一九六一年 広島市の眞光寺(浄土真宗本願寺派)に生まれる。一九八五年龍ฅ



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "HyakunengoMuryounotokinoananatachiheImawatashihe: EizojojoushiDotokuryuuriOushuusoumafukkouhenohiganSeisakunote (KouruBooklet)":


naturphoto.eu

©2009-2015 | DMCA | Contact us